NISAで有望な株価東海理化を保有する

一定の条件下で税金が非課税になるNISAは、個人投資家にとって魅力的なものですが、利益が出なければ意味がないという点には注意しなければなりません。税金は利益に対して発生しますから、利益が出ていなければ課税されていても非課税でも違いはありません。ですから、NISAの口座を開設したからと言って儲かるわけではないという点に注意しなければなりません。

では、どうすれば良いのかというと、有望な銘柄に投資をするのが良いと考えられます。将来が有望な企業であれば、株価が上昇する可能性は高いといえるでしょう。リスクはありますが、NISAで保有をするのなら、将来性のある有望な銘柄を選び出すことが必要となります。

その具体的な方法についてですが、まずは株価が割安なのかどうかを判断することが必要です。たとえば株価東海理化についてですが、この企業はトヨタ系の自動車部品メーカーです。7割から8割の売り上げをトヨタに頼っていますから、単独での利益を考えるよりもトヨタの売り上げを考えた方が将来を予想しやすいと考えられます。

株価東海理化が割安かどうかを判断するためにはいくつかの基準がありますが、元も使いやすいのがPERとPBR、配当金利回りです。PERは収益に比べて株価がどれくらいの水準にあるのかを示す指標で、PBRは企業の持つ資産に対して株価がどの水準にあるのかを示す指標です。これらを見れば、業界の中で株が割安なのか割高なのかを知ることができます。また、配当金利回りはインカムゲインを把握する上で重要な指標だといえるでしょう。業界永金と比べてPERやPBRが低く、配当金利回りが高い状態で株価東海理化が放置されているのなら、割安銘柄だと考えられます。



ページトップへ