アリバ株価水準が低い今NISAでアリババ株を購入

NISAでは個別株式などに投資を行うと、配当や譲渡益に掛かる税金を節税することが可能になってきます。とくに株式の譲渡益の節税メリットは、長期で株価が上昇していく成長株であるほどに効果が大きくなる特徴があります。NISAでの株式の配当のための節税は、せいぜい数千円程度となります。しかし、株式の譲渡益の場合は、株価が大きく上昇した場合の節税は数万円にもなります。したがって、NISAによるメリットを最大限享受するためには、将来の大きな株価上昇が見込める成長株に投資することが大事となってきます。そうした将来が期待できる成長株としてEコマース大手のアリババがあります。アリババは中国のネット通販会社で中国のシェアが8割を超えるほどに圧倒的なマーケットシェアを握っています。そのため、アリババがニューヨーク証券取引所に上場した時には話題となり、アリバ株価は売り出し価格を大幅に上回って寄り付きました。その後もアリババ株は投資家の人気を呼び、一時アリバ株価は120ドルを付けるに至っています。しかし、去年末に高値を付けた後はアリバ株価は下落に転じ、現在は80ドルを割る場面も出てきています。ここ数カ月でアリババ株が下落した要因としては、中国本土の株価下落が大きいと考えられます。しかし、中国本土の株価下落が収まればアリババ株の株価も徐々に反転上昇していくことが期待されます。アリババのネット通販事業の流通総額は拡大を続けていて、将来はリアル店舗を含めて世界最大規模になっていく可能性が高いです。また、アリババは中国以外にもグローバル展開をしていく予定となっているため、さらなる業績の拡大が見込めます。したがって、アリババ株はNISAで購入するには打ってつけではないかと考えます。とくに現在は株価水準が低いので、はじめて購入するのには絶好の時期ではないでしょうか。



ページトップへ