NISAってどんな制度なの?

NISAとは、少額非課税制度という制度の愛称です。もともと日本ではあまり投資に興味を持つ人が少なかったのに対し、政府がごく少額からでも投資を始めてほしい、ということで、投資のための様々な事ができるように設定したものです。
この口座の場合、口座開設後5年間、最大100万円まで、利益を出した際に非課税となります。

もう少し見て行きましょう。
NISA講座は、普通の投資のための口座とは違います。すべての日本国内の金融機関で一つまでしか開設することができません。
次に、NISA口座の場合は年間100万円までを対象とし、その投資によって出た利益はすべて非課税となります。一般的な投資のための総合口座の場合は投資の利益は20パーセントの税金が課せられるのに対し、NISA講座ではこれがゼロになるのですからとても利益が高くなるのです。このため、非常に大きく利益が出ても税金を支払う必要がありません。ここでいう非課税となる利益とは、売買益や運用益、配当金などをすべて非課税にするというものです。
ちなみにこの100万円までの非課税枠は一年間で100万円となっています。NISAは5年間有効となっていますから、100万円の5年間で最大500万円までが非課税枠の対称となるのです。ちなみにこの非課税枠は翌年に繰り越したり持ち越したりすることはできませんから、投資の際にはなるだけその100万円ギリギリまでを使ったほうが利益が高くなるとも言われています。

とはいえ、口座を解説できるのは20歳以上という制限があり、それ以外にも様々な制限があります。
投資初心者や少額投資をしたい人からすれば非常にいい制度となっていますので、ぜひ始めてみましょう。

NISA口座と一般口座を比較するとこんなにお得!

2014年から少額投資非課税制度のNISAがスタートし、株や投資信託で利益を得ても税金がかからないことで、初めて投資をする人が増えています。非課税という誰もが喜ぶメリットは、利益が高くなるほど節税に繋がっていきます。その節税額は、税金が加算されます一般口座と比較してみれば実感できるでしょう。
NISAの最大メリットは、上場株式と株式投資信託の譲渡益・配当金に対して、非課税になるということです。
一般口座の場合は、資産運用で得た利益に20.315%の税金がかかることになります。例えば、100万円投資して50万円の利益が出たとき、NISAは非課税になるため50万円まるまる得ることができますが、一般口座は税金が引かれて39万円となり、その差はなんと11万円にもなってしまいます。税金の有無で、これほどの利益が違ってくるのですから、NISAを利用しないと損と考えるのは当然です。
年間100万円までの非課税枠があり、最大5年間非課税扱いされます。さらに新たに5年間の非課税枠を使うことができるため、最大10年間・1,000万円までが税金対象外となるのです。この最大限を利用して収益をどれだけ上げても、税金は0円という嬉しい制度です。
一般口座で購入した株が値上がりして、大喜びして売ったら引かれている税金の額を見て、非課税だったらどれだけ儲かっていたかと、肩を落とすはずです。その後にNISAを利用して利益を上げたときは、この制度の恩恵をしみじみ実感できることでしょう。
NISAは、1年間の内で売却した後に新たに非課税枠100万円として利用することはできないため、短期間で売買しなければならない商品を購入するより、長期運用の方がお得と考えられています。そのため、過去の実績が良い投資信託を買うのが勧められています。


NISAをはじめてみよう!

2014年1月から始まった少額投資非課税制度、通称NISAは個人が行う投資活動に関してある一定の非課税枠を設けた制度となっています。経済成長を促進させることの他、貯蓄から投資へと言われている社会をより実現させる目的を持った同制度ですが、開始から約1年半以上経過した現在でも未だ認知度は低いものといえます。
難しく思われがちなNISAですが概要をもう少し詳しくみていきましょう。例えば通常株式や投資信託に投資をして利益が出た場合、約20%の税金がかかることになっています。つまりせっかく100万円儲けたとしても実際に手元に入る金額は80万円になるわけです。しかしNISAで取引した場合は毎年100万円までの投資であれば、投資した時期から最大で5年間税金がかからないという仕組みになっているので先の例ですと儲けが丸々100万円入ってきます。超低金利時代と言われているにも関わらず銀行からもらう利息にも約20%の税金がかかる現在、この非課税枠はとても魅力的なものと言えます。
NISAは1つの金融機関でしか開設できないという縛りはありますが、開設しようとする年の1月1日時点で20歳以上、かつ日本国民であれば誰でも無料で開設できることになっていて、もちろん開設に関する手数料はかかりません。唯一必要なものと言えば住民票ですが、金融機関によってはこの住民票を無料で代行して取得してくれる銀行や証券会社もあるので自分に身近な金融機関だけでなくよりサービスが充実した金融機関を選んだ方が良いとされています。積立の投資信託であれば今や500円から投資家になれる時代、NISAを利用して投資家デビューしてみてはいかがでしょうか。



ページトップへ